【クラウド安心カメラ】防犯だけじゃない!会社で使えるクラウドカメラ

Silhouettes of several office workers working in office

ネットワークカメラの映像を専用のクラウドサーバに保存することで、パソコン、タブレット、
スマートフォンなどの携帯端末からでも動画をチェックすることができるクラウドカメラ。

その利便性は従来の防犯カメラをグンと上回ります。

通常は防犯カメラとして使用されることの多いクラウドカメラですが、とても便利であることから、会社内では防犯の用途以外にも業務の効率化などに使われることがあるようです。

例えば、リモートワークを導入している会社では、オフィス勤務者と在宅勤務者をクラウドカメラでつなぎ、業務を円滑に進める工夫がなされています。

音声の会話だけでは分からない相手の表情をモニター越しに見ることで、温度感を持って打ち合わせをすることができますね。

また、クラウドカメラを倉庫に設置しておけば、商品の在庫状況が一目瞭然です。

例えばクライアントに営業に行った先で商品の在庫をスピーディーに知りたいときに、クラウドカメラの映像で確認すれば交渉がスムーズに進みます。

接客業の場合には、カウンターにクラウドカメラを設置しておくことで、お客様の表情を伺うことができ、今後の接客につなげることができます。

クラウドカメラと聞けば防犯用というイメージが浮かびがちですが、これを上手く活用することで
会社の業務を効率化することもできますし、お客様満足度を高めることができるのです。

クラウドカメラを使って、「伸びる会社」をつくってみてはいかがでしょうか。