≪防犯カメラ≫集合住宅でも活躍!防犯に最適なダミーカメラ!

ダミーカメラ

防犯には役立てたいけれど、それ程予算がないという場合には、ダミーを設置するのも一つの方法。

例えば、集合住宅の入り口には本物の防犯カメラを設置していて、防犯に役立っているとしても、
各戸の入り口の場合はどうでしょう。

管理組合が設置した防犯カメラは高額で同じものはとても買えないという時には、ダミーを
取り付けることで防犯効果が期待できます。

玄関の出入りがわかる部分にとりつけるのがコツです。

ダミーだからと言って適当な場所につけては意味がありません。
ダミーなのか本物の防犯カメラなのか、見た目ではわからないようにしておくのもポイント。

つまり、ダミーカメラのレンズ部分の出来が左右しているとも言えます。

そして、往々にして安いだけのダミーカメラの中には、素人目にも偽物だとすぐにわかってしまう
ものもあるので注意が必要です。
これだと、設置していても意味がありません。

また、「防犯カメラ設置中」というステッカーを貼るなら、カメラもそれらしく見えるものがよい
ですね。

ダミーカメラはワイヤレスですが、ワイヤレスの最新機器と思わせるようなものを選びたい
ものです。

防犯には、防犯カメラを設置するのが一番よいとされていますが、防犯カメラはダミーでも効果が
あることが指摘されています。

つまり、ダミーカメラのポイントとしては、本物のように見えるものを選ぶことと、設置場所を
しっかり選ぶことが大切なのです。

特に、カメラを向けている角度などを確認してから設置することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です