≪防犯カメラ≫ライブカメラの活用法

happy young baby child sittng on grass on beautiful summer day in park

ライブカメラはどのような場面で活用されているのでしょう。

その一つとして挙げられるのが、防犯の場面です。

家に誰もいない時に誰か怪しい人物が玄関に近寄らないか、ということを知るために玄関のドアの上に防犯カメラとしてのライブカメラを取り付ける人がいます。
人がいない時間にどうなっているのか、離れた場所から確認できるというわけですね。

それから、災害の時にもライブカメラは役立ちます。
増水していく川の近くには、危なくて近寄ることができなくても、ライブカメラがあれば状態を確認できます。

また、テレビではよくビルの上などに定点観測のライブカメラを置いています。
いろいろな場所から、天気や人の流れなどを確認することができますね。

災害時や高い場所など、人が入りこめないところにカメラがあれば、いつでもどんな状態であるかを確認することができるのです。

広い範囲を見るだけではなくて、もっと狭い範囲を見ることにもライブカメラは役立ちます。

家の中で、子供部屋にいる赤ちゃん、あるいは小さな子供のことを、お母さんはずっとそばにいて
見守ることはなかなか難しいものです。
食事を作る時には台所に立ちますし、洗濯物を干すときにはベランダにいかなくてはなりません。

そんな時にも、子供部屋にライブカメラを置いて、お母さんはスマホの画面から我が子の状態を
いつでも確認しながら家事ができるので、安心です。

昨今のカメラは、小型になっていたり操作も簡単にできたりと、使い方がより簡単になっているので、誰でも利用できるのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です